家族

目に入れても痛くない愛犬にも起こり得る肝臓病の全貌

ミックス犬の購入

ミックス犬であるチワックスは、個体によって姿態に大きな違いがあります。選ぶ時は、耳や表情、毛の長さなどが一つのポイントになります。健康状態は特に重要となりますので、犬舎などを訪れて仔犬を見てから選ぶと安心です。

自分に合った飼い方を選ぶ

犬を販売している場所には、大きく分けて、ペットショップとブリーダーがあります。ペットショップの利点は、一度に多種類の子犬を見比べ、直接触って選べる点です。対して、ブリーダーは、育った環境や親兄弟を見られるため、安心して子犬を選べるのがメリットです。どちらが自分に向いているか、よく考えて選びましょう。

ペットの肝臓を守る食事

聴診器と注射

与える食品に留意する

犬も、様々な要因によって肝臓病の状態に陥ることがあります。犬の肝臓病は、何らかの病気が関係しているのが一般的です。ただ、日ごろの食事内容によっては、食生活が肝臓病の一因になっている可能性も考えられます。肝臓に負担を与える食品を多く与えていると、長い間には肝臓病の症状を呈するケースがあるのが厄介な所です。肝臓に負担を与えてしまうのが、人工的に作られた成分です。フードやおやつに添加されている合成の甘味料や着色料などは、体内に入っても自然食品のようなスムーズな処理が難しくなります。合成の保存料なども犬の肝臓には負担を与えますので、日持ちのするフードやおやつには要注意です。このような食品を避けるだけでも、犬の肝臓病を防ぐ効果がある程度得られます。加齢などによって体の免疫力が下がってきた場合、犬もウイルスや細菌などに感染する確率が高まります。こういった感染症は、犬の肝臓病を引き起こす大きな要因の一つです。ですので、犬の免疫力を下げないような食事を心がけることも、延いては肝臓病を予防することに繋がってきます。肝臓の機能に異常を指摘された時は、与える食事を見直すというアプローチが取れます。少量でも十分なカロリーや栄養素が摂取出来る食品を選ぶのが、肝臓病に移行させないためのコツです。早めに対策を講じた場合、状態を悪化させずに余生を過ごせる犬が多く見られます。飼い主の裁量で予防が出来るのが、犬の肝臓病です。

犬のしつけ

トイプードルのしつけを行うときには、ブリーダーが行っているしつけを学ぶことが大切で、子犬を賢く育てる事ができます。ブリーダーが行うしつけでは、人間がリーダーだと判らせるために犬の体を触って、優劣の順位をつけることから始めます。